Admin⇒

LOST MEMORY

 | ~home~ | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青黒

今回は主にデッキ解説をしていきます。

続き↓ 4 x 超次元バイス・ホール
4 x 超次元リバイヴ・ホール
2 x 超次元ミカド・ホール

4 x 特攻人形ジェニー
4 x ゴースト・タッチ
2 x 解体人形ジェニー

4 x コアクアンのおつかい
3 x エナジー・ライト

4 x アクア・サーファー
2 x ローズ・キャッスル

3 x 猛菌恐皇ビューティシャン
3 x 魔光騎聖ブラッディ・シャドウ
1 x 光牙忍ハヤブサマル

2 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
2 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 超時空ストームG(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)/超覚醒ラスト・ストームXX(ダブルクロス)
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン


『ホール10枠』
以前は11枚にしたりしてましたが、10枚で落ち着きました。

増量する枠としてはミカドホールですが、あまり多用しないので増量する意味がなかったからです。

『ハンデス10枠』
基本的なハンデス枠は10枚に。

4ターン目の2ハンデスを決めるには10枚は必要と感じました。

『ドローカード7枠』

基本はエナジーライト先行で使いますが

コアクアンを使う際に落ちる枚数がひどかったので今は7枠にしてます。

『アクアサーファー』

STとしても優秀で

アクアバースターとは違い場に残りながらバウンスが可能なので強いです。

同系戦でローズと絡めて使えばストームも除去出来るし

ランブル・ディアスも退ける事が出来るので4枚。

『ローズキャッスル』
速攻対策カードでもあり、チャクラキルアンタライド等を阻止出来るので採用しています。

同系では特攻人形ジェニーを防いだり出来るしで2投。

『猛菌恐皇ビューティシャン』
陰謀を抜いて入ったカード。

単純にODでの1ハンデス1ドローが強くてブロッカー。

同系に出しても十分有効だし、腐る場面が少ないカード。

『魔光騎聖ブラッディ・シャドウ』
速攻対策カードです。

以前は抜いてましたが、『斬斬(ギルギル)人形コダマンマ』の登場で速攻の早さが上昇したので再投入しました。

リバイヴホールとの相性も良くて強いです。

『光牙忍ハヤブサマル』
忍びでどの場面でも有効に使えるカード。

リバイヴとの相性も良いしで確定枠ですね。

『ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー』
ディアスを抜いて2枠に。
普通にデッキ破壊能力が強すぎますね。
パワーも7000とディアスと相殺出来る。

『時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード』
キリコ戦ではタッチャキルヤヌスライドがとにかく強かったので入れました。

動きが止まってる間にストームにしてしまえば除去が薄いキリコは除去出来ない場面が多くて

ラストになればキリコ側は勝ち目が薄くなります。

『超時空ストームG(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)/超覚醒ラスト・ストームXX(ダブルクロス)』
覚醒が成立すればほぼ勝ちですね。

ストームの状態でも相手は除去しなければならなくて1ターン遅れを取らせることが出来るので

その面でも強いです。

『時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート』

主に速攻戦やMロマ戦で多用するカード。

その他では相手の手札が無い時に出せば

相手は何も出来ずにターンを返してくる事が多いので

ハンデスを絡めつつドローすることも出来て強いです。

『時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー』
バイスホールで多用するカード。

主にヤヌスキルが強いし、タッチャライド目的で出す場面が大半です。

後はPA+2000を利用して場を制圧できる場面もあるし

使える範囲が広いカード。

『時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン』
Pクリがバウンスされなくなる点も強いし覚醒し易い。

タッチャライドの素材にもなるしで採用してます。


以下抜いたカード

『陰謀と計略の手』
キリコが多いと思ったし、使える場面が少なかったからです。


『時空の封殺ディアスZ(ゼータ)/殲滅の覚醒者ディアボロスZ(ゼータ)』

キリコの使用率を考慮して抜きました。

主にNを出されたら墓地がリセットされてしまうので

デッキ破壊の出来るヴォルグの方を採用しました。

『時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター』

理由はディアスと同様で、こちらはNを出されてしまうと覚醒するのに1ターン遅れを取るので抜きました。


解説は以上で終わり。
関連記事
スポンサーサイト

comment

[26]

>りゅーてぃ☆さん

有難うございます。

エリア代表頑張りますよ(・へ・ )

[25]

とてもきれいで理にかなった構築だと思います。
地区予選お互いがんばりましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ~home~ | 

cat clock


プロフィール

lxRUKIxl

Author:lxRUKIxl
プロフィールはカテゴリーの紹介ページからどうぞ。


カテゴリ

紹介 (1)
MTG (2)
DM (254)
日常 (10)
デッキレシピ (15)
募集リスト (5)
DM勢 リンク (1)

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


リンク


検索フォーム


RSSリンクの表示


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。